旅行

2005年09月24日

阪神応援ツアー2日目 5

昨日の酔いをさますため、11時のチェックアウトギリギリまでホテルで休んでいました。

ホテルから広島市民球場までは徒歩で10分ほどの距離です。平和記念公園を横切るだけです。ちょうど観光にもなって好都合でした。

原爆ドーム




球場に着くと、自由席券を持った人たちがものすごい行列を作っていました。我々も外野自由席ホルダーです。入場した頃にはレフトスタンドは阪神ファンによって埋め尽くされていました。レフトはあきらめてライトへ。

場内を見渡すと、あまりの小ささにびっくり。球場がビルに囲まれています。(写真は試合中に撮影)

市民球場



試合開始まで2時間もあるので、練習を見ながらうどんなどを食べてぼーっとしていました。

いよいよ試合開始。新井の最前列へ飛び込むインチキみたいなホームランで先制されましたが、すぐさま矢野と藤本が連続インチキホームランで逆転しました。その後も順調に点数を重ね、当たり前のように勝ってくれました。

観戦する上で一つだけ不便な事がありました。バックネット裏の表示板ではSBOカウントしか表示されていないのです。座っていたところからスコアボードが見えなかったので、それだけが頼りでした。是非あちらにもスコアを表示してほしいです。まぁ、そのおかげで昨日よりも試合に集中できましたんですけどね。阪神の得点を1点間違えてましたが(笑)

それにしてもカープファンの応援はド迫力でした。シーズン終了間際の最下位球団の応援とは到底思えません。

カープファン



今回の観戦でひとつ収穫がありました。それは内野席で激しく踊るおっちゃんを発見したことです。倉敷にも広島にもいました。踊りっぷりが素敵すぎて見ている方は試合観戦どころではありませんでした。2試合とも、開始直後は2,3人が踊っていただけでした。しかし、周りの人がだんだん踊り出し、終わる頃には10人以上のダンス集団へとなっていました。

帰ってからいろいろ調べると、彼はどうやら結構な有名人らしいです。甲子園でも出現するらしいのですが、全く気づきませんでした。ここに動画があります。この動画は4月に撮影されたものであるせいか、今の方がはるかにキレがあります。関本の踊りは9月に撮影されたそうなので、かなりキレがありますね。

試合後はお好み焼きを食べました。広島のお好み焼きも最高にうまいです!

広島お好み焼き



広島駅で船乗りを降ろし、広島を離れました。快調に高速で帰る予定でしたが、尾道から福山が工事で通行止に。尾道の出口渋滞を抜けるのに2時間近くかかりました。一般道で帰るのとあまり変わらないような…。

かなり疲れましたが、とても楽しい旅行でした。2日とも勝てて本当に良かったです。

df777 at 23:59コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月23日

阪神応援ツアー 5

この週末、タイガースはビジターで対カープの3連戦です。1戦目は倉敷マスカットスタジアムで、2,3戦目は広島市民球場です。時期的に優勝決定の瞬間を目撃できる可能性があったので、1月ほど前に、第1戦と第2戦のチケットを購入しました。残念ながらその可能性は無くなってしまいましたが、今は試合を見れるだけでも幸せなことです。

勢い余って6枚ずつ購入してしまったのですが、川西市在住の友達3人と、現地で船乗りの友達1人が参加してくれました。しかも友達の車が7人乗りなので、1台でいけます。この方が絶対に楽しいですもんね。

9時半頃に川西を出発し、12時頃に倉敷に着きました。試合開始は13時半でしたが、駐車場はすでに満車。周辺の有料駐車場もダメでした。30分くらいあたりを彷徨ったあげく、3キロほど離れた山中にある公園の駐車場にとめるはめに。

球場にはいると、見事に阪神ファンだらけ。広島ファンはライトと1塁側にちょこっといるだけでした。船乗りとここで合流。

倉敷マスカットスタジアム



試合は藤本の3点タイムリーなどで序盤に6点差をつけるも、じりじり追い上げられ、8回に頼みの藤川で追いつかれてしまうというヒヤヒヤな展開。でも直後の9回に桧山が値千金の2点タイムリーで勝ち越し、最後は久保田がしめてくれました。

9回の攻撃は無死1,2塁と絶好のチャンスを作るも、金本、浜中が凡退し、ものすごく嫌なムードだったのです。その中で打った桧山はほんとすごいです。間違いなく今年一番の活躍でしょう。

試合時間がとても長かったです。球場を出て、タクシーを拾おうとするも、全くつかまりません。結局、車まで徒歩で行きました。発車後も、周辺道路が渋滞しており、国道2号線に出たときにはすでに7時を過ぎていました。

夕飯は尾道まで我慢してラーメンです。事前に調べていた有名店を目指したのですが、道に迷ってしまい、尾道駅前の交番で尋ねることにしました。そこでお巡りさんから衝撃の言葉が。

「ここから近いけど、もうしまっとるよ」と。え?まだ8時半です。そんな時間に閉まるラーメン屋があるの?

キョトンとしていると、「田舎じゃけぇねぇ…」と言われました。確かにもうほとんどの店が閉まっていて、街は真っ暗です。

落胆と空腹で車内は一触即発のムードでしたが(ウソ)、開店中のラーメン屋を見つけました。迷わずそこへIN。「喰海」という名のお店です。店内にはこの地で選挙活動をしていたホリエモンのサインが。

ようやくの夕食です。チャーシュー麺大盛りを食べました。スープは魚ベースぽい独特の味で、あっさりしていてかなりうまかったです。嫁はんの食べていた炒めネギラーメンはさらにおいしかった。

尾道ラーメン



広島に着いたのは夜の11時。泊まるホテルはサンルート広島です。JTBのページで一番安かったところです。その割にはやたらとキレイ。

セミダブルが3部屋です。そのうち2部屋には2組のカップルが入るので問題がないのですが、残る1部屋は男2人です。夜が楽しみですね。道中では槇○敬○のCDを流し続けて、その気にさせておきました。

部屋に荷物だけ置いて、男2人の部屋に集まりました。とりあえず冷蔵庫にあった缶ビールで乾杯をしました。そして現地に詳しい船乗りのひとことで流川へと繰り出すことに。たこやきBARなる店で朝の3時半まで飲んでいました。

df777 at 23:59コメント(6)トラックバック(3)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月15日

北海道旅行5日目(最終日) 5

札幌をウロウロしてからトワイライトエクスプレスに乗車しました。

df777 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月14日

北海道旅行4日目 5

本日、考えてたプランは3つです。夜までに札幌に着けばOKなのです。

・層雲峡付近を観光する
・旭山動物園へ行く
・遠回りして美瑛と富良野経由

朝起きると外は雨。これでは景色を楽しめませんし、動物園の魅力も半減です。よって、美瑛と富良野経由でひたすらドライブするプランにしました。

ひとっ風呂あびてから朝食を食べ、美瑛を目指して出発。今日はスピードに気をつけます。

とりあえず美瑛に到着。ぜるぶの丘というところに立ち寄りました。お花に癒されましたよ。

ぜるぶの丘



富良野でスープカレーを食べ、札幌へと向かいました。

札幌へ着き、まずはおみやげを買うために六花亭の森林公園店へ。看板もなくひっそりと建っています。ナビがなかったら見つけるの不可能でしたよ。

六花亭外観



ついでにお茶しちゃいました。

六花亭ワッフル



お菓子を大量に買ったので、ポイントがいっぱい貯まりました。そのポイントで明日のおやつ用にチーズアンドビスケットをもらいました。

今日の宿泊先はJRタワーホテル日航札幌です。札幌駅直結なのです。

日航札幌外観



31階の部屋に入ると、すごい夜景が飛び込んできました。すすきの方面を一望でき、テレビ塔や藻岩山、札幌ドームまで見えました。

日航札幌夜景



去年にオープンしたばかりなので、部屋の中はめちゃくちゃキレイ。ベッドは可動式!

日航札幌内観



さらには最新の大型液晶パソコンが!

日航札幌パソコン



ずっとネットをしてなかったので、嫁と取り合いです。このままここに住みたいな。

夕食はサッポロビール園でジンギスカンです。さっき六花亭でワッフルを食べちゃったので、なかなかお腹がすきません。地図を見ると札幌駅から2kmほどなので、歩いていくことにしました。

ビール園に着いた頃には食欲復活。ビールうますぎ!ジンギスカンも最高♪

ジンギスカン



見事に酔っぱらったので帰りはタクシー。ホテルに戻り、風呂に入ると、すぐに爆睡しちゃいました。

df777 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月13日

北海道旅行3日目 4

朝食はレストランでバイキングでした。

三段の滝を見てから、オシンコシンの滝へ。

オシンコシンの滝



それにしてもすごい人。道路脇に小さな駐車場しかないのにバスがいっぱい停まっていました。

次は神の子池と裏摩周へ。特に神の子池は計画の段階からかなり楽しみでした。

オホーツク海を横目に気持ちよいドライブが続きました。ところがここで事件が発生。

斜里付近を走っていると、すれ違った車がこちらに向かってハイビームでなにやら合図を送ってきました。不思議に思っていると、次の瞬間、いきなり青い服を着た武装兵に行く手を阻まれました。側道へ誘導されると、そこには5人ほどの武装集団が。そして車から降ろされ、白と黒のいかにも怪しい車の中に連れ込まれ、署名を強要され、指紋まで取られてしまいました。免許証を奪われ、自宅と勤務先の住所もメモられました。

不審車



相手を刺激しないように、多数の要求にすべてうなずきました。するとまもなく開放されましたが、振込用紙みたいなものを渡され、期日までに振り込まないとヤバイ的な事を言われました。どうやら危険地域に紛れ込んでしまったらしいです。あと「君、19キロオーバーだから」みたいなことも言われました。この地域だと俺はそんなに太ってるのか!

そんな危機的状況だったにもかかわらず、嫁はんはのんきに道端のお花を撮影してました。

斜里お花



気を取り直して、神の子池へ。脇道に入るとダート道です。車が揺れすぎで尿意が…。そこを5分ほど走ると駐車場が出現。トイレが激臭。

池はものすごい透明度!こんな池はみたことがありません。これでも水深が5mあるそうです。

神の子池



そして裏摩周へ。このあたりから天気が悪くなってきました。展望台に上がると、何も見えません。一瞬だけうっすらと湖面らしきものが見えました。

裏摩周



少し残念でしたが、帰り道でキタキツネに遭遇。平気で車の前を歩いていきます。声をかけると振り向いてくれました。めちゃくちゃかわいい!

キタキツネ



次は屈斜路湖畔のアイヌ情緒溢れる店で昼食。コタン丼とホワイトラーメンを食べました。どちらもおいしかったです。特にホワイトラーメンは絶品。

そして美幌峠へ。さ、寒い。しかも視界悪し。適当に写真を撮って車に戻りました。

美幌峠



北見から上北峠を通って層雲峡に入りました。本日の宿は「層雲閣グランドホテル」です。

層雲閣



ここは露天風呂と大浴場が別の階にあります。夕食前にまず露天風呂へ。硫黄の臭いしていかにも温泉という感じの湯でした。ポカポカスベスベです。

夕食は大雪銀河膳という名の部屋食。さすがに刺身はオホーツクに劣りますが、牛肉のタタキがやたらとうまかったです。

層雲閣料理



ロビーでビンゴ大会なるイベントがありましたが、満腹すぎて動けませんでした。

df777 at 23:59コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月12日

北海道旅行2日目 5

今日はかなりの距離を走る予定です。朝5時に起きて温泉に入り、9時頃に宿を出発しました。

まずはすぐ近くにあるワッカ原生花園と、網走市街を横切って小清水原生花園を見ました。どちらのシーズンオフだったせいか、あまり咲いていませんでした。それでも何種類かの花が咲いていました。

そして、根北峠、標津経由で羅臼へ行き、そこで昼食を食べる予定でしたが、小清水であげいもを食べてしまったので、あまりお腹がすいていません。

ナラワラ時間に追われていたのですが、せっかくここまで来たのだからということで、お腹をすかす意味でも、野付半島にチャレンジしてみました。ここはオホーツク海の潮の流れによって造られた日本最大の砂嘴で、地図で見るとすごい形をしています。

ここの見所はナラワラ、トドワラといった立ち枯れた木です。遠くから見れませんでしたが、それでも十分に堪能できました。

根室海峡側に目をやると、東方に国後島の姿が。返してください。


純の番屋メニューさて、羅臼につき、道の駅でおみやげを物色しました。そこのおじさんが昼食食べるならここだと、すぐ近くの店を教えてくれました。このあたりは北の国から2002のロケ地で、そこで出てきた「純の番屋」を再現した店でした。

店にはいると地元の魚介類を使ったメニューがずらりと並び、ひたすら北の国からのテーマソングが流れていました。

シーズンが少し前に終わってしまったウニ丼まで食べられて大満足。さすがは漁港。めちゃくちゃうまかったです。


純の番屋つぶ



純の番屋海馬



純の番屋牡蠣



純の番屋ウニ丼



時計を見ると15時。晩飯食べられるかな…



知床峠から羅臼岳次は知床峠。羅臼岳が美しすぎます。海の向こうには国後島の姿も。返してください。



エゾシカそして知床五湖へ。それまでに何度もエゾシカか道を横切りました。奈良公園の鹿の倍くらいのサイズです。デカすぎ。



知床五湖知床五湖に到着。人大杉。遊歩道を歩いたのですが、立ち止まって写真を撮ることすら困難でした。恐るべし知床人気。



ウトロ夕陽宿泊地であるウトロへ向かいます。夕陽がきれい!!車を止めて記念撮影♪



ウトロ部屋今日の宿は「知床プリンスホテル風なみ季」です。出来たばかりの南館にある部屋でした。まさに新築って感じで、部屋の中はピカピカ。

昼食が遅かったので、夕食をタイムリミットの19時30分にしてもらいました。それまでに温泉に入りました。泉質はサロマ湖と似たような感じでした。

さて夕食です。ウトロも有名な漁港なので、海の幸ばかり。う、うますぎる。ていうかこの殺人的な量は何?


ウトロ刺身


ウトロそい


ウトロカニ


ウトロすき焼き


ウトロウニ茶漬け



まぁ、二人とも完食しましたけどね。幸せでした。運転疲れで食べた後即死。おやすみなさいzzz

df777 at 23:59コメント(4)トラックバック(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年09月11日

北海道旅行初日 4

去年に乗った飛行機は朝出て正午過ぎに着いたのですが、今年は13時発の15時着です。どうやら9月と10月で違うみたいですね。

朝、投票を済まして、ラピートαで関空へ。フライト前にさぬきうどんを食べました。関空価格で釜玉650円也。

ANA1793便は定刻通り女満別空港に着きました。早速レンタカーを借りました。今年はスズキのスイフトです。フィットが良かったのですが、まぁたまには違う車を運転するのも悪くないでしょう。

時間が時間なので、今日は宿泊地であるサロマ湖へ直行となります。

途中に能取湖という湖があります。サンゴ草が有名で、秋には真っ赤に色づくと聞いていたのですが、時期的にすこし早いかなと思っていました。ところが、湖畔にさしかかると、「サンゴ草祭り」なるものが開催されていました。なんとピッタリだったみたいです。車を降りてしばし堪能しました。うれしい誤算です。

能取湖サンゴ草



その後少し走って宿泊地に着きました。今日の宿は「サロマ湖鶴雅リゾート」です。去年泊まった阿寒湖のホテルと同系列なので、期待大ですよ。

部屋に入ると、夕陽がとてもきれい!

サロマ湖の夕陽



さっそく温泉へ。サロマ湖は塩水湖だからでしょうか、お湯は塩水のような臭いがしました。上がってからはずっと体がポカポカでとても気持ちよかったです。

料理はバイキング形式でしたが、刺身がやたらとうまかったです。すし飯もあったので、勝手丼も可能でした。あと、ほたての炭火焼きや、ほたてのみそ汁、ステーキなども食べましたが、基本的にひたすら刺身とビールでした。ほんとうまかった。さすがはオホーツク。地ビールも◎。

夜はロビーで語り部のコーナーなんかもあり、地元の著名人?が来て佐呂間について熱く語っておられました。ちょうどテレビの取材も来ていました。

部屋に戻りましたが、選挙結果とF1が気になってあまり寝られませんでした。琢磨はシューマッハに追突して頭をはたかれていました。関西人のツッコミみたいな叩き方だったので、夜中に一人でウケていました。

明日の運転が心配です。追突しないようにしないと(笑)

df777 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年も北海道へ旅行します 5

去年果たせなかったトワイライトエクスプレスの夢を実現するための旅行です。

もう老後でいいやと思っていたのですが、嫁はんが大阪駅で電車を目撃してしまったりと、忘れたくても忘れられませんでした。

で、去年と同じ旅行会社の人にお願いし、9月1日から順次発売される10月分のチケットをいつでも良いから取ってくださいとお願いしました。

ところが8月下旬のある日、友人が新婚旅行でトワイライトに乗車したのです。羨ましすぎます。こうなりゃ仕事帰りに毎日緑の窓口に通い、キャンセル待ちもチェックして意地でも取ってやると思いました。

さっそく、「いつでも良いですから、スイートは空いていませんか」と聞き、1日ずつ調べてもらいました。大阪発札幌行きはすべて完売でしたが、「札幌発も…」とお願いすると、なんと空いてました!9月15日発の1号車1番が。

意外とあっさり取れたのですが、問題があります。曜日を見ると木曜出発の金曜日着です。ということは、まともに旅行しようと思えば、月〜金を全休しなくてはなりません。こういう時のためにお盆を休まずに仕事をしていたし、親父も去年の事に同情してくれていたので、前後の土曜日に出社すると言うことで休みをもらえました。

11日に出発し、世界遺産の知床と層雲峡を回るということで旅行会社の人に相談しました。知床→サロマ湖→層雲峡→札幌という順で泊まりたかったのですが、知床が大人気のため、1泊目と2泊目が入れ替わってしまいました。それでも旅行会社の人がかなり頑張ってくれてようやく取れたのです。9月のド平日なのに、すごい人気ですね。

df777 at 00:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年06月25日

6月25日 グアム旅行3日目

思い切って共通テーマを「国内旅行」にしてみました。

さて、今日は丸一日観光です。姉の旦那さんがニッポンレンタカーで車を借りてきてくれました。日産のクエストという車です。当然国際免許などいりません。そのまま運転できます。

恋人岬まず恋人岬へ。海の景色がすばらしいのですが、ホテルから見る景色を角度を変えてみただけです。もう飽き気味。タロ芋アイスがうまかった!!

まゆちゃんと名物の鐘を鳴らすところを撮ろうとしたのですが、韓国人観光客に占領され、完全に韓国領となってしまいました。しかし彼らは慌ただしくバスに乗り込んで行ったので、アイスを食べ終わる頃には再び日本領になっていて、無事撮影できました。

お昼はパンチの効いた中華料理店へ。炒飯やら焼きそばやら小エビの唐揚げやらを食べました。安かったのでたくさん注文したのですが、殺人的なボリュームでした。味は◎。

そして潜水艦に乗ろうと船着き場へ行ったのですが、なんと最後の便が出た後でした。まだ12時半なのに。

気を取り直して、わりと近くにあるアドベンチャーリバークルーズに参加することにしました。川辺の船着き場に到着したのですが、怪しげな小屋が一軒あるのみです。ていうか普通の家だし。でも看板はしっかりとあるので、そこの家の人に聞くと、1時半から船が出るそうです。でも、参加者は我々6人と白人外人ファミリーと白人外国人カップルのみ。係の人は現地の人だし、グアムに来て初めて外国らしい雰囲気を味わえそうです。すんごい穴場を発見したかも!

当然船はガラガラです。どうせこんなところに誰も来ないだろうと思って足を伸ばしてスタンバイしていると、いきなり大型バスがやってきて、中から30人ほどの日本人が現れました。あっという間に船は満席に。あっという間に船は日本籍に。

アドベンチャーリバークルーズさていよいよ出発です。ホンモノのジャングルです。ディズニーランドやUSJのそれとは違います。本当にワニが出てきたりするかもと胸をわくわくさせていました。

しかしいざ始まってみると、船長さんやガイドさんは日本語ペラペラ。しかもノリがディズニーランドと全く同じ。ワニなんかいないのに「ワニ!ワニ!」って騒いでいます。まぁ、おもしろかったんですけどね。

で、最後に金額の支払いをしたのですが、ツアーの人達はホテルからバスの送迎付きで一人65$を前払いしていたそうです。我々は個人的に参加しているので、「はうまっち」と聞くと一人20$って言われました。ずいぶん安いなと感じつつ6人分払おうとすると、「100$でイイヨ」とニコニコ。100$渡すと船長さんのポケットに入りました。なんといい加減な。

ちなみに白人カップルさん達は紙幣を1枚だけ払っていました。たぶん一人10$ですね。白人ファミリーはそのまま去っていきました(爆)

続きはまた。

df777 at 23:52コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2005年06月24日

6月24日 グアム旅行2日目

グアム虹朝起きてカーテンを開けると、みごとな虹が!いきなりの光景にただただびっくりです。快晴なのに雨が降ってます。

顔を洗ってコンタクトを装備し、下のレストランに直行です。エレベーターで乗ってくる人はすべて日本人でしたが、そんなことは気にしないで、待ちに待った朝食バイキングを堪能します♪

レストランも100%日本人。まぁ、予想していたんですけどね。さらに並べられた料理を見て拍子抜け。そうめん、おかゆ、焼きそば…。ここは日本ですか?

適当にチョイスし、お箸で食べました。日本食を外国で食べてウマいわけがありません。でも、その場でシェフが焼いてくれるオムレツはかなりウマかったです。これだけ4枚くらい食べれば良かった。18$なり。高いな。自分で払ってないけど。

姉の式まで時間があるので、ホテル周辺を散策しました。外に出ると、やたらと暑い!!やばいくらい暑い!!湿度が半端じゃないです。息苦しいです。

なぜかホテルにひげそりとシャンプーが無かったのでセブンイレブン(苦笑)へ。途中の道でも日本人とばかりすれ違い、沿道には当たり前のようにこのような店が。

グアム看板1グアム看板2








どちらの写真も突っ込みどころ満載ですが、特に左の写真。階段付近にあるのぼりをよく見てください。一番搾りって書いてます。

確信しました。ここは日本です。

結局セブンイレブンにはシャンプーが無く、ホテル下のABCストアにて調達。最初からこっちにすれば良かった。ホテルに戻り、風呂に入り、さっき買っておいたグァバネクターを飲み、礼服に着替え、タクシーで式場へと向かいました。

ヒルトンホテルの敷地内にあるチャペルで挙式があるのですが、玄関前からバスに乗らないとチャペルには行けないそうです。とはいうものの、チャペルの名前は長ったらしいし、どのバスに乗ればいいのかわからないので、かなり不安になっていました。しばらくすると、それらしきのがやってきました…

グアムバス








わかりやすすぎ!なんでカタカナで書いてるねん!係員が出てきて「〜チャペルへお越しの方〜」などと言っておられましたが、そんなこと聞くまでもなく乗り込みました。

さてチャペルに到着。中に入ってびっくり。ものすごい景色です。半年前で仏滅しか空いていないほどの大人気というのも納得。これで参列者が4人って淋しすぎます。(ちなみにスタッフは6人)

グアム教会








式は滞りなく終了し、教会の外の庭で海をバックに乾杯をし、これでもかというほど記念撮影をしまくりました。

帰りはなんとリムジンでアウトリガーまで送ってもらいました。初体験でドキドキしすぎてあまり良く覚えていません。

そして姉の夢であったタモンビーチでの撮影会。ウエディングドレスで砂浜へ繰り出し、椰子の木などをバックにひたすら撮影。ビーチで海水浴している人達(もちろんみんな日本人)から注目浴びまくり。かなり恥ずかしかったです。礼服着てあんなところに立っていたので、あわや熱射病で倒れるところでした。

部屋に戻り、一目散にシャワーを浴びました。シャツは汗でびっしょりでした。2時間ほど仮眠し、ホテル下の「ら・ふらんす」という店(え?ひらがな?)でフレンチを食べました。日本人ピアニストによる生演奏がありオシャレな店でした。とってもおいしかったです。

ディナー後はホテル向かいのDFSへ行き、フェラガモの財布を買いました。カードが16枚も入る優れものです♪230$なり。

それにしても長い一日でした。ベッドで転がりながらテレビをつけると、NHKが…。

df777 at 23:46コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote